思い出よ いつまでも

メンテナンス

「皮」と「革」はどちらも「かわ」と読みますが、その違いをご存知でしょうか。
実は「皮」とは動物の生の皮膚の事を指し、「革」は皮をなめして素材化したものを意味します。

レプティ松浦では牛革や豚革、羊革はもちろんのこと、
クロコダイル、アリゲーターといったワニ革、更にはサメ革やトカゲ革も取り扱っております。

革は色合いの微妙な違いがあり、それは身体の部位の違いによる差といえます。
1頭の牛から採った1枚の革の中でも、キメの細かさは部位によって変わってきます。

使い込むほどに味が出る革製品は、ひとつひとつが違います。
それが人が革製品を好む理由かもしれません。

皮革製品のお手入れ方法、購入は?

1)爬虫類 使わないときは風通しの良い日の当らないお部屋の片隅に、使用後は特に乾いた布で軽く(特に持ち手等)ふき取り布袋に入れて提げておいてください。長持ちします。
爬虫類は・・・爬虫類専用のクリーナーを使用してください。
使う時はウロコとウロコの間にクリームが残らないように注意してください。
尚、その後軽くブラッシングをして、乾いた布でふき取ってください。
普通のクリーナーは・・・使うとシミになることがあるので避けること、ひどい汚れの場合は、中性洗剤を薄めて軽く拭いた後、陰干ししてから空拭きをします。

2)エナメル クリーナーを使う時はエナメル専用のものを使用し、保存する時は、ビニール袋は避けてネルや布袋等に単独で入れて置きます。
この際、吟つき革やビニール等の素材の他のバッグと一緒にしない(触れない)ようにしてください。
※吟つき革(革の表皮のこと)床革(表皮以外の革、裏革のこと)ベロア等

禁物 全てのバッグ(皮革製品)はビニール袋等に入れて保管しないで下さい。
布袋か紙袋使用する、蒸れてべたべたになったり変色の原因になります。(特に合成皮革の裏は要注意)
※保存方法・・・使用後は特に乾いた布で軽く(特に持ち手等)ふき取り布袋や紙袋に保存する

3)スエード、ヌバック、ベロア等 軽くブラッシングして下さい。クリーナーは絶対禁物.汚れは消しゴムで軽くこすってください。

ページトップ